宮崎県の特産品が勢揃い「博多みやざき館KONNE」オープン

3月22日、JR博多駅直結の博多バスターミナル2階に宮崎県の特産品を集めたアンテナショップ博多みやざき館KONNE(コンネ)」が開店し、初日から宮崎県出身者をはじめ大勢のお客様が訪れていました。

店内には宮崎地鶏の炭火焼きなどの加工食品や、銘菓、焼酎、調味料、野菜やフルーツなど゙幅広い特産品が並んでいます。

中でも人気は、日南産レモンを使用したシロップ「NICHINAN LEMON」。日南レモンは減農薬・ノーワックスで皮ごと食べられるのが特徴です。炭酸で割ったレモンソーダをテイクアウトでも楽しめます。

「KONNE」は宮崎、東京、大阪に次いで福岡で4店舗目。また、民営の店舗は大阪の「堺みやざき館KONNE」以来2例目となります。福岡に宮崎のアンテナショップが開設されるのは10年ぶりで、勢いのある人気都市・福岡でのKONNEは宮崎県出身者にとって待望のオープンとなりました。

博多みやざき館KONNEの運営を行っているのはPUNCH-LINE 代表取締役の濵﨑淳さんです。

濵﨑さん「博多みやざき館KONNEでは食品の販売以外にも、観光や移住に関する情報なども発信していくので、宮崎県のあらゆる情報が集まる場所になればと思います。また、KONNEが宮崎県企業の販路の1つとして活躍するだけでなく、KONNEから発展してあらゆる販路拡大に繋がれば」

今後、旬の食材や特産品はどんどん入れ替わるといい、人・モノ・情報の交流拠点として宮崎県のPR効果に期待が高まります。

前の記事

ごあいさつ